逆流性食道炎

【症状】胃液や食物が食道に逆流

文字通り、胃にあるものが食道へ逆流するために、食道に炎症が起こる病気です。食物を飲み込む時の痛みと胸やけが主な症状です。胸骨の後ろ側が痛むのも大きな特徴です。

食道と胃の境目にあたる部分には、胃の内容物の逆流を防ぐバルブのような働きをする「下部食道括約筋」があります。この機能が低下すると、強い酸性の胃酸や消化酵素を含んだ胃液や、消化途中の食物などが逆流してしまいます。食道には、胃のような粘膜による防御機能がありません。したがって、胃酸などにさらされ続けると、食道の内腔が次第にただれてしまい、逆流性食道炎を発症してしまうのです。

【原因】食事の内容以外にも原因があります

逆流性食道炎は、下部食道括約筋の機能低下と胃酸過多が主な原因です。そして、これらを引き起こす「原因の原因」となるのが、食事の乱れです。加齢など食生活以外の要因も、下部食道括約筋の機能低下を引き起こすことがあります。

 逆流性食道炎の主な原因
脂肪分の過剰摂取、食べ過ぎ

脂肪分の多い食事をとった時に十二指腸から分泌されるコレシストキニンによって、下部食道括約筋がゆるんでしまいます。また脂肪分の多い食事は胃の拡張や胃酸過多を引き起こし、逆流の原因になります。

加齢

歳をとると、下部食道括約筋の機能が低下します。

肥満

肥満の人は、胸郭と腹腔の間にある横隔膜に開いている、食道を通すための穴(食道裂孔)から、胃の一部がはみ出して胸郭内に入り込んでくる「食道裂孔ヘルニア」になりやすい傾向があります。食道裂孔ヘルニアは、逆流性食道炎の原因のひとつです。

【考え方】「胃気」が下降しないことで発症

漢方では、逆流性食道炎は「脾胃昇降失調」(ひいしょうこうしっちょう)と考えます。

通常、消化物は消化機能をつかさどる「胃気」(いき)が下降することで、消化物を小腸へ送り出します。しかし、ストレス過多や寒さ、脂っこいもの、辛いもの、甘いものなどの食べ過ぎなどにより、この機能が失調すると、胃気が昇ってきてしまい下降しない状態になります。その結果、お腹が張って痛んだり、げっぷや呑酸などの症状が現れたりするのです。

また、胃気が下降しないのは「肝気鬱結」(かんきうっけつ)も一つの原因と考えられます。ストレスにより、全身へ気を巡らせる働きのある「肝気」(かんき…自律神経、ホルモン系の調整機能、血の貯蔵、精神機能などの総称)が滞り、これが胃に影響して胃気が滞り、胃気が上逆してしまうのです。

【処方例】「胃気」を下げる処方

逆流性食道炎の漢方薬には、胃の気を下げる働きのある「理気薬」(りきやく…枳実〈きじつ〉など)、胃中の余分な水を除く働きのある「利水薬」(りすいやく…茯苓〈ぶくりょう〉、白朮〈びゃくじゅつ〉など)などを使います。