冷えてくると増える相談②

自律神経の乱れは、主に対人関係、会社や社会のストレスでなることが多くありますが、
気候の急変による温度差によっても起こります。

毎年、春、秋に自律神経が乱れ、胸が苦しい、息苦しい、動悸がする、不安感、めまい、
吐き気、過敏性大腸炎などの相談でご来店される方が多くなります。
こういった場合、西洋医学では安定剤が処方されますが、漢方では、個人個人で処方が変わります。
これが、漢方の良さです。

もし、季節の変わり目に、このような症状でお困りでしたら、是非一度ご来店下さい。

%e8%8a%b1%ef%bc%91