お正月に飲む屠蘇散

そろそろお正月です。
お正月には、屠蘇散を飲む慣わしがありますが、
屠蘇散は、白朮(おけら)、陳皮、桂皮、山椒、桔梗、防風で構成されています。

白朮、陳皮は胃腸の働きを良くし、桂皮、山椒は胃腸を温めて働きを良くします。
防風、桔梗は風邪の予防に使われます。
屠蘇散全体としては、胃腸を温めて働きを良くすると同時に、風邪の予防をする処方になっています。

屠蘇散の『屠』は、元々『尸(しかばね)』に『者』なので、
死者を蘇らせる、そんなことは実際ありませんが、
その一年健康でありますようにという意味だと考えます。

屠蘇散を、お正月に飲むことで、その一年健康で過ごせるようにと願っての事だと思います。

%e5%ba%97%e8%88%97%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%95%e3%82%8b 今年一年間お疲れ様でした♪