脊髄管狭窄症による坐骨神経痛について

最近多いご相談に、脊髄管狭窄症による坐骨神経痛があります。
腰ー臀部ー大腿部の裏側ー足の外側の脹痛(つり易い、つっぱる痛み)と痺れです。
西洋医学的には狭窄が原因と考えますが、漢方では血の流れ方によって症状が現れると考えます。
このような症状の場合、まず血虚と血瘀があると考えます。

足の脹痛は肝血虚と考えます。肝血は筋肉を養い、柔らかくします。
肝血を補う代表的な生薬は芍薬です。脹痛には、この芍薬と甘草が入った漢方を使います。
他の痛みが同時にある場合は、血流を良くする活血剤と袪風湿剤を使います。
活血剤の代表的な生薬は桃仁、紅花、川芎です。袪風湿剤の代表的な生薬は防風、独活です。

これらを配合した漢方薬で坐骨神経痛の痛みを改善していきます。