逆流性食道炎の漢方的考え方

私共の経験では、逆流性食道炎には脾胃の失調
(胃に熱があると胃気が下がらない)を治すものと、
胸やけを治すもの、そして、降気(気を下げる)
させる物を加えて治していきます。

一般的には、半夏瀉心湯を使います。
この中の黄連(胃熱をとる)と乾姜(肝陽を上げる)
で治していきます。

ほか、逆流性食道炎にはランソプラゾールが
多く使われていますが、漢方薬と併用する方が多く、
徐々に漢方薬のみにされています。

また、ランソプラゾールだけでは効かず、
漢方薬と併用することで
効き目が良くなる方も多くいます。