漢方薬の証

NHKの東洋医学の放送がされました。
番組の中で、「証に合わせて漢方薬を選ぶ」
と紹介されていました。
これは、陰陽、虚実を良く考えて、
更に気、血、津液、寒熱も良く考えて作る事を
意味します。

寒熱のことなのですが、代表的な例が、
足の痛みです。
足首が腫れて赤く、やや熱を持つ、これは熱です。
病名ですと、痛風の痛み、
リウマチで炎症がある場合です。
多くの場合、お血(血行不良)があるので、
同時に活血します。

寒の場合、冷えて痛みます。
冷房に入ると痛むとか、暖めると楽になる
という表現をされます。
病名ですと、リウマチがあります。

リウマチは、寒熱が同時に存在する場合があり、
難しさがあります。
坐骨神経痛、膝の痛みで現れる場合もあります。

他に、寒に弱い方は、冷え性の方です。
多くの方は、舌質薄紅で、人に依っては、
苔があります。苔も薄い白苔です。
補気血して、温めて治します。
人参、乾姜、白朮、当帰、芍薬の入った処方を
考えます。

体の中の気、血をつくって、
体の中から温めて冷えに強くします。
表面の気を守る、黄耆が入った処方も、
考えることもあります。

女性で冷え性の方は多く、気血を作る時、
特に脾と胃を重点に考えます。
健脾益気、同時に健脾利湿して胃腸を丈夫にして、
気をつくり冷えを治します。