コロナ感染症の不安感

最近、コロナ感染者が大幅に減少して、皆さんホッと安心していられると存じます。

コロナ感染症で不安感が増大し、その結果、不眠、頭痛、身体がだるい、やる気が起きない、喉の圧迫感、違和感、息苦しい、動悸など、不安感を訴える方が多く来店されます。このような自律神経の乱れは、10月の急な冷え込み、気温差に関係すると思われます。

このような方には、ぜひ漢方薬をおすすめします。

症状や体質によって漢方薬は変わります。お話をよく伺って、その方に合った漢方薬をお選びいたします。