生理痛がない生活を目指しましょう!

昨今テレビやSNS等でよく取り上げられている生理痛。

昔から漢方では瘀血をとることで、症状が軽減しております。

瘀血を判断する指標として、生理痛の具合い、生理前後の状態、舌色、舌下静脈、随伴症状なども加味して判断しております。

生理痛がありますと子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病の原因にもなるといわれています。

軽いものであれば1カ月ぐらいで症状が軽減しております。

月経困難症などのひどい生理痛でも2~3カ月ぐらいで症状が軽減しております。

日頃から生活養生をすることも大切です。

以下ご参考にしてみて下さいませ。

【生理痛の生活養生法】

・冷えに注意しましょう

・洋服や下着は締め付けのないものにしましょう

・適度に運動しましょう

・体温より温かいものをとりましょう

・お風呂にゆっくり浸かりましょう

・ストレスをうまく発散しましょう

・夜は早く寝ましょう